記事

コンプライアンス

水清くして不魚住。 根が不精者なのか、つま先から頭の天辺まで身ぎれいな奴には閉口する。ズボラな性格なのか、几帳面な奴には息が詰まる。いい加減な性分なのか、教科書通りの奴には虫酸が走る。泥水ばかり飲んでるせいか、清流を泳ぐ奴には嫌みを感じる。...
0
記事

小春

勤労感謝の日、休めないものです。 夏の始めにひんやりする日を麦秋。日ごと寒さが厳しくなってくる立冬過ぎのこの頃、冷たい風が吹かず、穏やかで暖かい日が急に訪れること、それが忘れていた春の陽気を感じさせる。それを、小春、小春日和、小六月という。...
1
記事

音痴

演歌に誘われて。 この寒波で、耐えていた街路樹の葉が散り始めた。初冬のこの季節、ものの哀れを誘う。音痴の私でも、枯葉散る夕暮れは・・・・・・と五輪真弓さんの「恋人よ」を思わず口ずさむ。 私は音痴です。いい加減な音痴ではありません。音感を捉え...
0
記事

たいしたもんだ

今の若い奴は・・・・・・。 木曜のサッカー。日本代表の北京五輪アジア最終予選は圧巻だった。前半の途中から観戦。キビキビした動き。ボールに食らいつく姿勢。フェアーな態度。清々しい試合だった。両軍の若きイレブンに敬意を表したい。 そもそも、サッ...
0
記事

蜜と乳

祖国とは国語。 ユダヤ人は流浪の民と云われる。その所以は、紀元72年国が滅び、1948年イスラエルが建国されるまで世界各地を彷徨ったからである。二千年もの間、祖国を持たないユダヤ人が、何故、ユダヤ人で在り続けたのか。諸説ある。 国語力を試す...
0
記事

その日

金メダル、その行方は、日本か中国か? 年が変わればオリンピックイヤー。スポーツの祭典が開催される。ギリシャのカタコロン、聖地オリンピアで聖火が灯される日が待ち遠しい。チャンスがあれば、北京に足を運びたい。(でもテレビ桟敷がいいかな) 北京オ...
0
記事

暴力

悪を眠らすな! 15年以上前の話です。長崎に従兄弟がいます。彼の結婚披露宴。当時の本島市長が臨席。「殴ったり、蹴ったり、切ったり、撃ったりするのは暴力だが。言葉ほど人を傷つける暴力はない」「夫婦が言葉で傷つけ合うことの無いように」。襲撃事件...
0
記事

NEWS ZEROの涙

報道番組の使命や重し。 この世の事は、この世で解決出来るものだ。と云った人がいます。長い目でみれば、そうなんでしょう。しかし、思い込み。面子。好き嫌いと云った、人の心や、考えの違いを正すのは難しいです。ましてや、社会の歪み、格差を解消するの...
0
記事

温さ

森づくり活動を運動化しよう! 会場に入りますと、得も言われぬ、ほのぼのとした温さを感じました。外気温は−2度なのに。元気の良い人。何かに向かって一生懸命な人にはオーラがあります。自分のことより周りの人。今よりも未来、将来のためにと思う人。そ...
0
記事

経済力調査

こんな調査に躍らされますか? 名古屋市26位。静岡市62位。浜松市62位、津市74位。我が岐阜市に至っては92位。東海財務局が発表した東海四県下176市町村の「経済力」調査結果です。 市町村の「経済力」調査とは耳慣れない言葉ですが、人口社会...
0